坐骨神経痛

ここでは膝裏の痛みの原因となる、坐骨神経痛について詳しく説明していきます。

坐骨神経痛と聞くと、腰やお尻が痛いと思う方は多いと思いますが、実は膝の裏に痛みを感じることもあります。坐骨神経痛の症状は腰やお尻から太もも、膝裏や足先までならどこでも発生します。代表的なのが腰やお尻なだけであって、お尻だけというわけではありません。


sponsored link




そもそも坐骨神経とは、腰椎の第4、第5腰神経と第1から第3までの仙骨神経で、腰下から足裏まで伸びている人体の中で最も太く長い最大の末梢神経です。

坐骨神経が何かしらの原因によって刺激を受けると、お尻や太ももの裏側、ふくらはぎ、足の甲あたりまでに症状が及びます。原因は様々ですが、最も多いのが腰椎椎間板ヘルニアによるものです。症状はしびれや疼痛で、場合によってはかなりの痛みに悩まされることもあるでしょう。また特定の姿勢の時に痛むことが多く、座った時や屈んだ時、片方の足に重心を乗せると症状が発生することのが特徴的です。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 関節リウマチ

⇒ 後十字靭帯損傷

⇒ 膝の裏の痛みの治療法

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
hizaura2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。