痛風

ここでは膝裏の痛みの原因となる、痛風について詳しく説明していきます。

痛風とは、血液中の尿酸血が高まって結晶化し、関節内に沈着して炎症を起こす病気です。痛みが発作的に現れるのが特徴で、風が吹くように移動する様子、又は吹いた風が触れただけでも痛みが生じる様子から「痛風」と名付けられたと言われています。


sponsored link




痛風の原因は高尿酸血症が続くことです。高尿酸血症とは血中の尿酸値が高い状態のことで、これが続くと尿酸が次第に結晶化して尿酸塩となり、関節内に沈着します。その結晶が関節内に遊離する(離れる)際に炎症を起こします。尿酸はプリン体が最終的に変化する成分で、主に肝臓で生成され腎臓から排泄されています。
健康体では尿酸の生成量と排出量は等しく、体内に蓄積されることはありません。しかし、偏食や飲酒、疲労やストレスなどが要因となって尿酸排泄のバランスが崩れると、次第に尿酸値が高まっていきます。

痛風の症状は、発作的に関節に激しい痛みを起こします。主に肘や膝、指や手首、耳たぶなどに現れるのが特徴です。発作前には前兆を感じる事が多く、チクチクしたり熱っぽいなどの独特の違和感を感じる方が多いです。一旦発作が始まると1週間から10日かけて症状が続きます。痛風を放置していると、徐々に発作の間隔が短くなり症状もひどくなっていき、慢性関節炎へと進行してしまいます。こうなると、慢性的な関節変形を起こし歩行障害など昨日が著しく低下してしまいます。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 下肢静脈瘤

⇒ 関節リウマチ

⇒ 膝の裏が痛い時の治療法

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
hizaura2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。