治療について

ここでは膝裏の痛みに対する治療について、説明していきます。

膝裏が痛い時の治療は、状況によって変化します。受傷後すぐの応急処置や、その後の治療、靭帯損傷や骨折などの外傷に対しての処置、慢性的なものに対しての治療、などなど膝裏の痛みの原因や状況によって施すべき治療は様々です。

応急処置外傷に対する処置についてはリンクページで詳しく説明していますので、そちらをご覧ください。


sponsored link




ここでは慢性的な痛みに対してのケアをご説明します。
まず膝のケアとして温熱療法があります。膝が炎症して熱がある場合は冷やさないといけませんが、慢性的な痛みの場合は温めるのが基本です。特に冬場に痛みが強くなる人は、椅子に座っている時や寝転んでいる時にもブランケットなどを使用して冷やさないよう注意して下さい。

そして次に運動療法です。膝を動かす運動で、膝周りの筋肉を鍛えます。そして膝の可動域を広げ、関節の機能を回復させていきます。できれば補助装具などを用いて安全にトレーニングすることが好ましいですが、簡単に膝を曲げ伸ばしする程度の運動だけでも効果はあります。

次は薬物療法です。この場合の薬の目的としては、「痛みと炎症を抑える」消炎鎮痛剤が主になります。飲み薬以外にも湿布や座薬、注射などをする場合もあります。

最後に手術療法です。靭帯断裂や骨折など大きな外傷の場合は、多くの場合手術が選択されます。慢性的な痛みの場合でも、関節が大きく変形している場合や保存療法で一向に回復が見られない場合などは手術で改善を目指します。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 効果的なツボ

⇒ 膝の構造

⇒ 変形性膝関節症

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
hizaura2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。