前十字靭帯損傷

ここでは膝裏の痛みの原因となる、前十字靭帯損傷について詳しく説明していきます。

前十字靭帯(Anterior Cruciate Ligament、略してACL)は、大腿骨と脛骨を結びつける強靭な靭帯で、脛骨が体の前方へ飛び出さないような役割を持っています。後十字靭帯と交差するような形で、膝関節の前後の揺れを防止しています。この靭帯を損傷(断裂)した状態を前十字靭帯損傷(断裂)と呼びます。


sponsored link




前十字靭帯を損傷する場面は、スポーツの場で多く見られます。直立時など膝が固定された状態の時に、横からの衝撃が加わると損傷しやすいので、横のステップを踏んだ時やタックルなどの強い負荷がかかることにより起こります。靭帯損傷という言葉を聞くと靭帯が切れた状態と思われがちですが、実は切れただけでなく伸びた状態も損傷していると言えます。実際は靭帯の繊維自体にそれほどの伸縮機能はなく、微量の繊維が骨から剥がれた場合も指します。

前十字靭帯を損傷すると、膝がグラグラしたり体重がかけられないなど、程度によっては普通に歩くことが困難になってきます。しばらくすると炎症を起こして、膝が腫れて熱を持ってきます。

前十字靭帯を損傷した時の治療は、基本的には自然治癒を目指します。しかし放っておいても靭帯が元通りの緊張を取り戻すことは難しく、適切な診断と治療が必要となります。
また程度が酷い場合や、自然治癒が見込まれない場合などは、靭帯再建手術を行います。ふくらはぎなどの強い靭帯を移植して靭帯の再建をする方法です。術後は確実に筋力が衰えているので、早期復帰を目指す場合はしっかりとリハビリをする必要があるでしょう。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 後十字靭帯損傷

⇒ 反張膝

⇒ 関節リウマチ

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
hizaura2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。