半月板損傷

ここでは膝裏の痛みの原因となる、半月板損傷について詳しく説明していきます。

半月板損傷とは、大腿骨と脛骨の部分にある三日月形で板状の半月板という軟骨を損傷した状態のことを言います。半月板は膝関節の曲げ伸ばしや内外に捻った時の衝撃を吸収する緩衝材として、膝関節を安定させる役割を持っています。


sponsored link




この半月板を損傷することで、膝周りに痛みを感じたり運動機能に制限がかかってしまいます。

半月板を損傷する原因としては、スポーツなど運動時の怪我や交通事故での衝撃が挙げられ、また加齢による組織の老化も原因となります。運動不足の中高年以上の方では、少しつまづいたりしただけで半月板損傷を起こしてしまうこともあります。

症状としては、膝の屈曲や伸張、内旋と外旋に制限がかかること、その動きに伴って痛みが生じるものです。酷い場合は全く歩くことが出来ないほど痛みが強い場合もあり、ベーカー嚢腫を合併することも少なくありません。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 前十字靭帯損傷

⇒ ベーカー嚢腫

⇒ 反張膝

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
hizaura2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。